読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラチャで駐在の達人になる!!

タイ・シラチャの日本人駐在員向けホテル"KARIN HOTEL & SERVICED APARTMENT"のスタッフが、駐在の達人を目指す日々を綴るブログです。KARIN公式ホームページURL→http://karinsriracha.com/

特別な差し入れ

昨晩のことでした。

 

深夜、お客様もお休みになられた頃にバックオフィスにて一息つこうと思い、デスクを見てみると、何やらお土産のような食料が置いてありました。

 

『お疲れ様です。食べてください!』

 

と言わんばかりに。

 

 

f:id:yomabashi:20170423184919p:plain

【従業員からの差し入れは日常茶飯事】

 

こうしてよくスタッフから食料の差し入れを頂くことがことがあります。

カオマンガイパッタイパッシーユー、どれもこれも美味しくていつも頂くたびに嬉しい気持ちになります。

 

(今回は何だろう?)

 

そう思い、中をのぞいてみると今回は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

isanfood.namjai.cc

 

 

 

 

 バッタでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423184934p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423185023p:plain

 

バッタを食べる

 

それを考えると、言葉に出来ない感情があふれ出してきて、顔を覆わずにはいられませんでした。

またこのバッタ、閻魔コオロギのような顔をしており、そしてしっぽが生えている、という衝撃的なルックスをしておりました。

 

しかし、誰が差し入れてくれたのかはわかりませんが、タイの文化として虫を食べることが一般的であるのならば食さぬわけにはいきません!!

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423185033p:plain

 【STEP1:恐る恐る中を覗いてみる】

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423185112p:plain

 【STEP2:手に取ってみる】

 

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423185145p:plain

STEP3:口元まで運んでみる】

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20170423232144p:plain

【LAST STEP :食べる

 

 

 

 

口に入れてみると香ばしい味付けが施されており、なかなかイケる味でした。

エビだと思えば全然大丈夫!

 

虫も食べてみると意外と悪くないですね!

 

 

翌日。

私はスタッフのみんなに、

「昆虫くれた人誰?」

と聞いてみると、誰も知らないと言いました。そして、

タイでも虫を食べる人はごく僅かだとみんな言っていました。

 

なかなかパンチの効いたこのイタズラでしたが、

やはり犯人は日本人のあのひとでした。

 

それが発覚したことにより、うちのタイ人スタッフにそんな悪いことをする人がいなくて本当によかったと、私は心の底からそう思いました。

 

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村