シラチャで駐在の達人になる!!

タイ・シラチャの日本人駐在員向けホテル"KARIN HOTEL & SERVICED APARTMENT"のスタッフが、駐在の達人を目指す日々を綴るブログです。KARIN公式ホームページURL→http://karinsriracha.com/

シラチャに新しくできた本格ピザの店【Olim House Pizza Homemade】

ここ最近、すごく気になっていた建設途中のお店があったのですが、そこが先日ついにオープンしたそうなので、早速行ってみました。

 

その名も、

 

f:id:yomabashi:20190217230850j:plain

【Olim House Pizza Homemade】

営業時間

11:00AM~22:00PM

 

 ☝お店の地図はコチラ

 

f:id:yomabashi:20190217225751j:plain

【こちらの門みたいな入り口から敷地に入ります】

 

f:id:yomabashi:20190217231011j:plain

f:id:yomabashi:20190217230908j:plain

【なんかすごいオシャレな雰囲気のテラス席】

 

f:id:yomabashi:20190217230728j:plain

【調理場は、外側から見学することも出来るようになってます】

 

そんなこんなで、いざ、中に入ってみます。

 

f:id:yomabashi:20190217225908j:plain

【中に入るとすぐ、にワインが並んでる棚が】

 

f:id:yomabashi:20190217225833j:plain

f:id:yomabashi:20190217231044j:plain

【冷たいお酒もあります(*^。^*)】

 

f:id:yomabashi:20190217230750j:plain

【店内全体はこんな感じです】

 

店内もなかなかオシャレですよね。

 

さて、席についてメニューを広げていきます。

 

f:id:yomabashi:20190217230947j:plain

【ピザメニュー。写真以外にもいろいろ種類があります】

 

f:id:yomabashi:20190217230936j:plain

【チーズ焼き各種】

 

f:id:yomabashi:20190217230843j:plain

【ステーキ】

 

f:id:yomabashi:20190217230816j:plain

【高級ステーキ】

 

f:id:yomabashi:20190217230707j:plain

【ピザのトッピングオプション】

 

ざっとメニューを見た感じですが、創作色の強いお店だなあ、という印象を抱きました。特にピザに関しては、結構攻めてるなあと思います。

そんな中で、私は、

溶岩ピザ(+190B)

という、非常にブログ映(ば)えしそうな、というか、インスタ映えを意識してそうなメニューに手を出しました。

 

f:id:yomabashi:20190217225850j:plain

【その前にブルーソーダで喉を潤します】

 

待つこと20分程でしょうか。

凄いのが出てきました。

 

f:id:yomabashi:20190217230825j:plain

f:id:yomabashi:20190217230809j:plain

【重ねたカットピザの上に、とにかくチーズを掛けまくり】

 

f:id:yomabashi:20190217225941j:plain

【そこにガスバーナーで焼き目を付けていきます】

 

f:id:yomabashi:20190217231020j:plain

【そこにまた粉チーズをいっぱい振り掛けていきます】

 

f:id:yomabashi:20190217230917j:plain

【最後に何らかの美味しくなる粉を掛けます】

 

f:id:yomabashi:20190217225806j:plain

【チーズピザ with溶岩ピザ】

 

これ、一人で来たので食べきるの大変でした。

もうずっとチーズ食べてる感じです。

けど、チーズ好きの私としては、最後まで美味しく頂くことができました。

 

感想と致しましては、まず、

絶対に1人で来ちゃダメ

ということです。

雰囲気もへったくれもありませんし、何より、食べ物が大きいのでシェアできる人が欲しいし、あと、4人掛けのテーブルしか用意されてません。

店員さんはいい人たちばかりですが、1人で来ちゃった場違い感が、ずっと店内を漂っている感じがしました。

 

そして気になるお会計ですが、

 

 

f:id:yomabashi:20190217230900j:plain

【チーズピザwith溶岩ピザ+ソーダ+水で670バーツ!安い!】

このボリュームでこの値段は手ごろかなという印象でした。

またメニュー表示価格通りの金額が請求されるので、明朗会計感が凄いあります!

 

次来るときは、グループで訪れて、他にも色々な創作感のあるメニューがあったので、トライしていきたいなと思います!

 

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

最近ハマッてる和食屋さん【白魚(しらうお)】

KARIN和田です。

 

最近、ムロツヨシの無造作ヘアに憧れを抱くようになり、同じような髪型を目指して髪を伸ばしはじめているのですが、

そういった中で、先日、経理のブンという従業員から、

「髪切って下さい」

と言われました。

彼女に、カッコイイと思って伸ばしている事を説明すると、しばらくの間、とても悲しそうな目でこちらを見て、もうそれ以上は何も言ってこなくなりました。

その後、自分は何か大きな勘違いをしているのではないか?という疑念を抱くようになりましたが、新しい髪型・ファッションへの挑戦、チャレンジという前向きな姿勢は、きっと大切にしていって良いはず、という思いから、もう少しだけ続けてみよう、という結論に至ったのでした。これから数日、

髪型カッコイイね

と言ってくれる神様のような人が現れなければ、

 

yomabashi.hatenablog.com

 

上記の行きつけローカル美容室に行って、チョッキリと散髪してしまおうと思っています。

 

さて、タイトルのお店のご紹介でございますが、

 

f:id:yomabashi:20190210171757j:plain

f:id:yomabashi:20190210171741j:plain

【白魚(しらうお)17:00~24:00まで基本毎日営業】

 

☝お店の地図はコチラ 

 

この日本食屋さんは結構昔からあり、長くたくさんのお客さんに親しまれてきたそうです。

そういった中で、お客さんが考案したメニューがあったり、お客さんがより美味しく、より忠実に日本の味付けになるようレシピを変えたメニューがあったり、長い歴史の中でいろんな人の手が加わり、日本人にとって親しみやすい味が実現されている、知る人ぞ知る名店なんです。

 

この店でもう10年近く働いているというガッちゃんというタイ人女性がいるのですが、日本語が上手で個性的な面白いお姉さんです。

ちょっとシャイですが、仲良くなると楽しいですよ。

 

味噌ラーメンやサイコロステーキ等、人気のメニューがいくつかありますが、

私のオススメは絶対にコレ!

 

f:id:yomabashi:20190210171731j:plain

 【シラチャ刺身定食(250B)+角煮(140B)】

 

なんか刺身ショボいな、と、改めて写真を見ると思いましたが、そんなことないんです!

刺身はとにかく鮮度が命!

シラチャ近郊の海でとれた新鮮な魚(サバ・アジ・イカ等)は、もう、海の幸!って言葉がピッタリな程の美味です。

※サバについてはタイでは取れない魚であるというご指摘を頂きました。

サバについてはタイでは輸入されたものが用いられているようでございます。大変失礼いたしました。

しかしながら、シラチャ刺身の味については文句のつけようがありませんのでご安心ください。

 

米も日本のお米なので、刺身との相性もバツグン!

しかも250Bと手ごろな価格でお財布にも優しいので、気が付くとシラチャ刺身定食が食べたくなってしまうのです。

 

また、ここの角煮も絶品です。

結構シラチャの色んなお店で角煮を食べてきましたが、脂身が固かったり、味が違ったり、思ってたのと違う感じの角煮が結構多かったんですが、ここのは、日本のおばあちゃんが作ってくれた感、といいますか、家庭的ながら味わい深く柔らかいボリューム満点の角煮で、何回食べても大満足してしまいます。

 

さすがにシラチャ刺身定食と角煮を同時に食べてしまうと、ボリュームが凄いことになってしまうので、一度に食すのはオススメできませんが、他にも色々と名物料理がございますので、ぜひ訪れてみて頂きたいお店のひとつです!

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

第10回KARIN杯開催!!

昨日、2019年2月3日(日)

第10回KARIN杯を開催させて頂きました。

 

今回はなんとプロが2名も参加されるという、これまでにない感じの大会となりました。

 

f:id:yomabashi:20190203221824j:plain

【過去最多の23名様にお集まりいただきました】

 

2月初旬ということもあって、少し暑かったですが気持ちのいい風が吹いており、心地よくプレーすることが出来ました。

 

しかしながら、今回はいつものクリスタルベイと違い、難コースとして名高いマウンテンシャドウでございましたので、苦戦する方が続出しました。

 

今回は参加人数も最多で、初参加の方の数も最多ということもあり、初対面の組み合わせも多かったのですが、どの組も本当に楽しそうにプレーされている姿を拝見しながら、

(このコンペ本当、いつもめちゃめちゃいい人しかいないよな)

という感想を胸に秘めておりました。

 

僭越ながら、毎回、コンペが楽しかったという感想を頂くのですが、これだけ素晴らしい方々ばかりなら、それはどの組に入っても絶対楽しくなるだろうな、という事に改めて気づいてしまい、そうなってくると、別にKARINのコンペとして何かがあるわけではなく、

シンプルに毎回人に恵まれている

ということが10回目にしてようやく理解できたのでした。

もう本当参加者の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そしてここからは大分個人的な話になるのですが、私和田がすっと越えられていない、130というスコアの壁がございまして、ここ最近、

 

ドライバーが非常に安定しているね!

 

もうむしろ120超えられるよ

 

と、そんなお声を頂くようになり、個人的にも、

(もうプライベートでも130切ってるからなあ)

と考えておりました。

 

そしてシラチャに来て1年のKARIN小林が、先月125というスコアを出してしまい、今回は和田と小林のスコア対決もさせて頂きました。

 

いつの間にかプロの方も参加されたり、上手い方が増えて大会のレベルも上がってきている中で、我々もちゃんと成長できているのでしょうか?

果たして結果は!?

 

ということで、表彰式のお話にワープしますが、表彰式&宴会はいつもと同じくKARINのレストランにて行わせて頂きました。

 

プロの2方はそれぞれのご希望もあり、各賞からは除外させて頂き、参考記録とさせて頂きました。

プロと同組の方々は、プレーを一緒に楽しみながら、時々プロへの質問コーナーが開催される等、とても貴重なラウンドとなったようで何よりでございました。

私も同い年の三野原プロ(ミノちゃん)には凄いお世話になっているので、プロと一緒に周れるって本当貴重な経験ですよね。

 

そして今回の優勝は、

 

 

 

 

佐渡 高行さん(4回目)

 

弊社代表がまたまた優勝でございました。

前回の優勝時同様、賞金はまた次回へ繰越しとなり、4月7日に行われる第11回KARIN杯がおいしい状況となりました。

 

しかしながら、なぜこんなにも弊社代表の佐渡はKARIN杯に強いのか?

というところに強く関心を抱いてしまいました。

と申しますのも、KARIN杯は10回開催としながらも、第7回については雨天中止、そして不参加だった回が2回あったので、7回中4回も優勝なんです。

そしてルールがダブルぺリアで、運の要素もあるとはいえ、今回はベスグロの88での優勝。KARIN杯で毎回絶好調なんですよね。

 

なかなか普段、代表という立場上お客様やお世話になっている方々とご一緒できる時間が多くない分、KARIN杯ではたっぷりと楽しみながら時間を共有できることから、きっとそんなKARIN杯が楽しみな分、調子も良くなるのかもしれませんね。

直接聞いたわけではないので、全部想像ですが。

 

そして私と小林の勝負は、

 

和田:122

小林:148

 

で、私の勝利でございました。

 

まだまだ小林には負けません!

そしてKARIN杯での130の壁もようやく突破しました。

 

すべて、一緒に周ったHさんKさんのお蔭です。

ありがとうございました!

 

というわけで、次回のコンペ開催の日程でございますが、

4月7日(

に開催致しますので、またたくさんの方にご参加いただけますと幸いです。

 

皆様本当にありがとうございました!
また次回も宜しくお願い致します!

 

f:id:yomabashi:20190203220450j:plain

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

パタヤでゴーカート&チョコレートファクトリーを堪能してきました!

先日、KARINイベントで、ソンテウを貸切り、

パタヤへゴーカート&超有名レストラン・チョコレートファクトリーを堪能して参りました。

 

当日は総勢6名様のご参加を頂きました。

 

f:id:yomabashi:20190126181520j:plain

【Easy Kart Pattaya】

 ☝地図はコチラ

 

私自身、ここには個人的に度々訪れており、カートの腕には相当の自身があります。

正直誰にも負ける気がしませんでした。

 

結果的には、私3位。

 

この順位、良いように見えますが、他の方々はみなさんほぼ未経験でした。

 

そして6人中お1人は観戦されており、且つ、恐らく一番速かったTATさんが、大きなクラッシュをしたため下位に沈んでしまっているため、結局のところ伸び白がもうほとんどなくなってしまっている私は、全然ダメじゃんという事に気付いてしまい、顔はすっと笑っていましたが、心は死んでました。

 

なので、カートの写真はこれ一枚しかありません。

次回からは観戦者として、みなさんを見守っていきたいと思いました。

 

yomabashi.hatenablog.com

 

Easy Kartの詳細は上記過去記事に記載させて頂いておりますので、気になる方はぜひ読んで頂けますと嬉しいです。

 

運動を終えたあとは、

 

f:id:yomabashi:20190126200642p:plain

【チョコレートファクトリーパタヤ

 

 ☝地図はコチラ

 

名前からするとスイーツがメインなのかな、と思いきや、イタリアンやタイ料理がとてもおいしく、食は進み、話は弾み、とても楽しい食事会となりました。

 

とはいえ、やはりこのレストランのイチオシ

 

f:id:yomabashi:20190126183440j:plain

【デザートメニュー!】

 

チョコレートスイーツを食べなければ、ここまで来た甲斐がありません!

 

ということで、事前に調べたところ、

チョコレートドーム

なるスイーツが人気との事。

 

お皿一杯に乗っかってくるドーム状のチョコレートの上から、アツアツのチョコレートを掛けて溶かしていき、中にあるスイーツを、溶けたチョコと一緒に食べるという、とてもオシャレなスイーツです。

 

ということで早速頼んでみました。

 

チョコレートドームが届いてからの模様がコチラです

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yomabashi:20190126181442j:plain

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yomabashi:20190126181501j:plain

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yomabashi:20190126181509j:plain

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yomabashi:20190126181516j:plain

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yomabashi:20190126181524j:plain

 

写真だとよくわからないですが、中にはムースケーキが入っていました。

溶けたチョコと一緒に食べたらもう最高でした!

 


Chocolate Dome @ The Chocolate Factory Pattaya


Youtubeにも動画がアップされていたので貼っておきます。

 

 

f:id:yomabashi:20190126181532j:plain

 

f:id:yomabashi:20190126181539j:plain

 

帰りには、お店の中にお土産屋さんが入っていたので、チョコレートの詰め合わせを購入。KARINスタッフにもおすそ分けをしました。

 

f:id:yomabashi:20190126181547j:plain

【ハイヒールのチョコも!?これはある意味食べづらい。。】

 

たまにはこうして、優雅にパタヤで過ごすのも良いですね。
最高の時間でした!
参加してくださいましたみなさん、ありがとうございました!(^^)

またやりましょう!!

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

バンコクの公共交通機関に、船があることを最近知った件

先日、久しぶりにバンコクに行ってきました。

 

バンコクにいると、とにかく、よく歩くようになります。

 

バンコクにもトゥクトゥク・モーターサイはあるわけですが、渋滞がひどく、交通量が多くて危険なことから、自然と徒歩での移動が多くなるんですよね。

 

歩くのは健康にとって非常に大切です。

ざっと調べただけですが、

 

・血流改善

・脂肪燃焼

基礎代謝向上

生活習慣病予防

・ストレス解消

・心肺機能向上

・脳の活性化

 

しっかりと歩くことによって、上記7点の効果があるようです。

 

つまり裏を返せば、歩かなくなればこれらが低下、減退していくということですから、ついつい移動には、トゥクトゥク・モーターサイを使ってしまいがちですが、普段から意識してなるべく歩くようにすることが大切かも知れませんね。

 

そんな徒歩には、健康とは別のメリットもあります。

 

それは、その町の情報収拾が出来ること!

 

車やバイクでは気になるスポットがあっても、ただ通り過ぎてしまいますからね。

 

徒歩なら気になったところに立ち寄ることが出来ます。

 

 

と、すごい前フリが長くなっておりますが、そろそろ船について書いて参りたいと思います。

 

バンコクでぶらぶら歩いていたとき、偶然、川を走る客船を発見いたしました。

 

 

【船のアソーク駅】

 

どうやら、センセープ運河という川を走る客船のようで、西はバンコクの王宮付近から、東方面へ途中トンロー付近を経由して、ラムカヘン方面へと走っているようです。

 

面白そうなので早速乗ってみることにしました。

 

 

 

f:id:yomabashi:20190119173917j:plain

【センセープ運河を20~30㌔のスピードで進みます】

 

程よい速さで船は進み、風を感じながら心地よい時が流れていきます。

川沿いの街並みを眺めながら、奥には高層ビルが立ち並ぶという、バンコクという都市の発展の歴史を感じながら、船はのんびりと進んでいきます。

 

f:id:yomabashi:20190119173905j:plain

【船の前方には、ライフジャケットを纏った乗組員の姿が】

 

駅ではお金を一切払わず、ちょうど来た船にそそくさと乗ってしまったので、

(あの人に気付かれたらやだな)と思っていました。

 

 

 

f:id:yomabashi:20190119173910j:plain

【船の走行中、彼が料金を徴収しに来ます】

 

そんなことを考えていたら、忍者のように船の縁を歩いてきたその乗組員が、

「どこ行くんだい?」

と聞いてきたので、その瞬間に、この船の料金支払いシステムのすべてを理解しました。

駅にはスタッフがおらず、金銭のやり取りもないので、船の乗組員が目視で乗客を記憶し、次の駅に到着するまでのわずかな時間で、切符を売りさばく、というのがこの船の切符の売買システムのようです。

私はそのとき、この船がどこへ行くのかすら知らなかったので、とりあえず適当に、

「エカマイ」

と言ってみたところ、

 

 

f:id:yomabashi:20190119173908j:plain

【私のチケットは17バーツでした】

 

17バーツでチケットを購入することが出来ました。

 

後で調べたところ、

初乗り運賃9バーツ

MAXでも19バーツというのがこの船の料金のようです。

 

f:id:yomabashi:20190119173919j:plain

【反対方面行きの船】

 

反対方面行きの船と時々すれ違いますが、こうしてみると川を走る船としては、そこそこの大きさがあります。

 

f:id:yomabashi:20190119173922j:plain

【船内にはおよそ150~200人ほどの乗客が】

 

とはいえ利用者がめちゃめちゃ多いので、基本満員状態。

よく沈まないな、って思います。

しかしながら、船の重みが凄いせいか、水しぶきが川沿いの道まで若干飛び跳ねてしまっているという状態でした。

船ひっくり返ったりしないかちょっとだけですが心配になりました。

 

面白いのでずっと乗っていたのですが、夕方になり空が暗くなってきて、

ここどこだろ感がいよいよ増大してきたので、降りて、モーターサイを探して、エカマイへ向かい、シラチャへバスで帰りました。

 

 

 

iconicjob.jp

(引用元:iconicJob 渋滞知らずの水上交通! センセープ(センセーブ)運河ボートに乗ろう | アジア情報BLOG

 

このサイトに詳しく船について書かれておりますので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

 

運行時間は、土日や出発地によっても若干違いがあるようですが、

朝6時ごろから夜7時ごろまで走っているようです。

 

なんというか、下手なアミューズメントパークの乗り物より安くて楽しかったです。

またバンコクに行ったら、あくまで遊覧船として利用したいと思います。

 

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

アタラモールの【SUSHI MEGA】激安プロモーションを試してみた結果

なんとなく入ろうかなっていつも思うけど、結局1度も行けてないお店ってあったりしますよね。

 

私和田は、いつもアタラモールに行くたびに気になっているお店があるんです。

 

その名は、

【SUSHI MEGA】

 

f:id:yomabashi:20190112231534p:plain

【多分、シラチャの誰もが知ってるアタラモール、のSUSHI MEGA】

 

アタラモールに行くとめちゃめちゃ視界に入ってくるお店、【SUSHI MEGA】

このお店、何が気になっているかと申しますと、

 

f:id:yomabashi:20190112231521j:plain

【なんと鯖寿司が1貫18バーツとお買い得プライスに!!】

 

そうなんです!店頭に掲げられたプロモーションのチラシに、大幅プライスダウンされたお寿司のお値段が記載されているのです。

その中でも特筆すべきは、なんと!

鯖寿司

1貫18バーツ

2貫36バーツ(現在1バーツおよそ3.5円)=126円

 

つまり、ほぼ日本の回転寿司でありがちな、1皿2貫120円価格で鯖寿司を食べることが出来るという、ここは非常に稀なお店なんです。

 

鯖寿司大好きな私としては、1度は試してみたいところでございました。

 

そしてついに今回、悩みに悩んだ約1年という年月を経て、

【SUSHI MEGA】【鯖寿司】にトライしてきたのです。

 

 

 

 

 

 

結論から申しますと、

 

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20190112231520j:plain

 

このSUSHI MEGAカードを300バーツ(有効期限1年間)でゲットして、初めてあの驚きプライスが実現するというカラクリでございました。

 

席について注文するなり、その事実を店員さんから突き付けられたときは、

(18バーツ以外にお金取られるなら、お店を出よう)

と思いましたが、流石にみっともないので、しかたなくこのカードを購入してしまいました。すごい後悔しました。誰かに差し上げたいです。

 

そして鯖寿司だけを頼むなんてことが出来るはずもなく、

いろいろ食べてお会計は最終的に、軽く1,000バーツオーバーでございました。。

 

 

そんな感じでいろいろ食べた結果、この店のチーズカレーに関してはめちゃめちゃ美味しかった(プロモーション価格なし)ので、次はとにかくチーズカレーを食べに来ようと思いました。

 

 おしまい

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

バンセンで年越しを迎えました

新年あけましておめでとうございます。

KARIN和田でございます。

 

早いもので、今年でタイに来て3回目の年越しとなりました。

 

1回目の年越しはパタヤで迎え、

2回目の年越しはシラチャで迎え、

3回目の今年は、バンセンでの年越しにトライしてきました。

 

年末年始、日本に帰らずKARINでお過ごしになるお客様も多く、そのうちの数名のお客様と、

「年越しだけど、何かどこか近場で特別なことやってないかな?」

といった話になり、バンセンなら車で15分ほどで行けますし、ネットで検索してもあまり情報がなかったので、

面白そうだから行ってみましょう!

ということで、トゥクトゥクを2台手配して行って参りました。

 

ソンクラーン程ではありませんでしたが、物凄い渋滞。

レムトンデパートを過ぎたあたりから、トゥクトゥクを降りてビーチまで歩きました。

 

f:id:yomabashi:20190106203157j:plain

【バンセンビーチの有名なモニュメント】

 

ビーチに出ると、驚きの光景が広がっていました。

 

f:id:yomabashi:20190106203052j:plain

【空に幾つものランタンが!】

 

チェンマイで有名なお祭り、コムローイの如く、夜空にたくさんの灯篭が浮かんでいました。

どうやら、ビーチを練り歩いてる灯篭売りから、50バーツで購入できるということがわかり、ひとつ購入してみました。

 

f:id:yomabashi:20190106203135j:plain

【ライター(50バーツ)で灯篭に火をつけます】

 

f:id:yomabashi:20190106203142j:plain

【熱を灯篭の中に溜め込んでいきます】

 

f:id:yomabashi:20190106203149j:plain

【そして空へ!】

 

意外と空に浮かぶまで時間が掛かりましたが、見事に高く飛び立ってゆきました。

と、そんな灯篭を見守っていたところ、

 

 

 

 

f:id:yomabashi:20190106203127j:plain

f:id:yomabashi:20190106203119j:plain

【凄まじい数、勢いの花火!】

 

突然ビーチの至る所から、花火大会で上がるレベルの花火が上がりだしました。

こちらも売り子がおり、ビーチにいる一般の人たちが各々で上げておりました。

 

そんな花火に時折灯篭が撃ち落とされており、私たちの上げた灯篭は大丈夫なんだろうか?と気が気ではありませんでした。

 

というか、自分たちにも花火が飛んできそうなレベルだったので、非常にハラハラしましたが、気が付くと、全員そんなデンジャラスなビーチで、童のように駆け回っておりました。

 

f:id:yomabashi:20190106203106j:plain

【そんな時、道路では、改造ソンテウが爆音を鳴らして揺れておりました】

 

f:id:yomabashi:20190106203113j:plain

【そして大渋滞。。】

 

帰りは奇跡的にソンテウがつかまり、無事シラチャに戻ってくることが出来ました。

 

あっという間の出来事でしたが、あのビーチでの素晴らしい景色をお客様と共有できたことが、とても素敵な思い出となりました。

 

今年も一年、何卒宜しくお願い致します。

 

この度ブログ村に登録致しました。

応援頂けると幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村